カテゴリ
日々徒然
音楽

製菓
映画とか本とかゲーム
国内放浪
英国・アイルランド放浪
ペルー放浪
台湾旅行
モロッコの旅
韓国旅行
カナダ旅行
オーストラリアにて
自己紹介。
以前の記事
ライフログ
カテゴリ:英国・アイルランド放浪( 9 )
帰還。
無事10日間のアイルランド・英国旅行から帰還いたしました!!

帰ってきたぞ~。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-23 12:40 | 英国・アイルランド放浪
Platform9 3/4,and the Great Detective
ライからロンドンへ帰ってまいりました。
しかし思い出した順で書いてるんで話のつながりが見えづらいなぁ・・(--;

今日の観光スポットは二箇所。両方私の趣味です(^^;
まず向かったのがキングス・クロス駅。
有名なあのプラットフォームを見に。
e0002020_1411767.jpg

写真じゃわかりづらいけど、カートが半分壁の中に吸い込まれてる様になってるのですよ!
このままホグワーツ行けるんじゃないかな(笑)感激。

その後ホテルへチェックインし、スーパー巡りへ。
その途中立ち寄ったベーカーストリート。
ココへたどり着く前にお話好きな老人に話しかけられまして、
しばらく話してたんですが
日本人はホントにシャーロック・ホームズが好きだね、と。
何で?と聞かれましたが・・何ででしょうね(笑)私も好きですが。
昔テレビ局で働いてたときに名探偵の番組作成に携わったことが何回かあるんだよ、
との事。
それと私の英語。昔田舎に住んでいたので訛りがあるのです。居住地域判別できる程に。
帰国して12年経って、まだ訛りを指摘されるとは思わなかったです。
ホントは訛ってるっていい事じゃないんだろうけど、
まだ残ってるんだってなぜだか少し嬉しかったなぁ。
今度里帰りしよう。そうしよう。
最近訪ねた友人の話によると私の住んでいた小さな町もすごく変わったとの事。
懐かしさ感じられない程変わってたらどうしよう(笑)

e0002020_1483897.jpg

ベーカー街221b。博物館には入らなかったのですが、お土産コーナーに立ち寄る。
パイプとかハンチング帽とか売ってるよ!!うわぁ!!
ちなみにこの周辺にはホームズにあやかったお店が数件あり。
写真は『シャーロックホームズの家の向かいのドライクリーニング』屋さんの看板。
あやかりすぎだよ!!(笑)
ちなみにベーカーストリート駅構内には一面ホームズの横顔のタイルがびっしり張ってあって
すごい眺め。
駅前には銅像もたってて、足元に『The Great Detective』と書いてあるのがウケました。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-21 14:07 | 英国・アイルランド放浪
蒼い空と海と白い壁と。
ブライトンからバスに乗ってセブンシスターズへ。
私がこの旅で一番見たかった白い崖。
下から見下ろす白亜の壁はとても美しいとか。
青と白のコントラストお互いを引き立てあって素敵です。

最寄のバス停Exceatで下車。またしても何にも無い・・。
何にも無い・・・何にも・・・。ドコへ行けばいいのさー!!?
とりあえずバス停のそばのレストランで聞き込み調査。
レストランの向かい側の公園(むしろ平原)を直進し、左折すると絶景ポイントに出るとか。
羊が草を食む牧歌的な風景の中を進む。てくてくてくてくてくて・・。
意外と長い道のりだ・・。でもここでも「何にも無い」風景って素敵だなぁ、と実感。
平和だなぁ・・・。
しばらく進むと道標発見。
『←セブンシスターズ  海岸↑』
とりあえず左折。なだらかに見えて、意外と急な斜面を上っていく。オヤ??
e0002020_1453457.jpg

何だか自分のいる丘(むしろ岬)の壁が白い模様。
・・・下から崖見上げるつもりが断崖絶壁の上まで来ちゃったー!!
でも上からの景色はとても綺麗。
景色を堪能しつつ崖を下りました。はふぅ。
今回海岸からみた崖も綺麗だったけど、本当の絶景ポイントは私が居た場所の反対側の
Beachy Headという所だそうです。ただそこを通るバスが日曜しか出てないので今回は断念しましたが。次回はそっちから崖を眺めたいです。

イーストボーン・ヘイスティングスを経由して、たどり着いたのはライというとても小さな街。
2時間歩けば町一周できるほどこじんまりとしています。
コレが中世の面影を残したかわいい街で、どこを撮影しても絵になるような所です。
町の中心にあるMermaid st.は古い石畳が残っていて、とってもノスタルジック。
e0002020_14531723.jpg

ライの街角。
泊まったところも素敵でした。
この街にはティールームが沢山あって、外見もとてもかわいい。
ただお店が閉まる時間が早い為今回は入れなかったのが残念。
今度訪れた時ははゆっくりのんびり過ごしたい。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-20 14:56 | 英国・アイルランド放浪
いつもと違うイギリス体験。
快晴。英国入国、Victoria駅から南東のリゾート地、ブライトンを目指す。
たどり着いた町はかなり『イギリス』というイメージからかけ離れてました。
e0002020_345617.jpg

町の名所、ロイヤルパビリオン。もうココからなんだかエキゾチック(笑)
イギリスではあんまりこういった建築物を拝見したことが無い。ぜひとも中を見たかったのだけど、5時きっかりの閉館時間には閉まってたよ・・orzというかまだ数分余裕あったと思うんだけどな。出口のお土産屋さんからほんのちょっとだけ逆流。内装も変わってました。

e0002020_348088.jpg

今回の旅行は海をよく見るなぁ。私は海で泳ぐより、シーズンオフの海岸を散歩したりする方が好き。
夕食はテイクアウトした中華料理。チャーハンとショウロンポウ。
夕焼けから夕闇に染まっていく海を眺めながらもぐもぐ・・。

その後、”The King’s Arms”というパブへ行く。大きなわんこが3匹も!!わひゃぁ!最初気づかなかったのでびっくり。
何だかいつもパブは混んでいるイメージがあったのですが、ココはほとんどお客さんが居なくて。いつも何か変わったお酒頼んでみたいな、と思いつつバーテンさんに聞けない私orzそんな私にココちゃんが「バカルディ下さいって言って来い!」と指令。何ですかそれ??芸人?(違)しばらく「出来ない、聞けないよ~」なんて言ってたらココちゃんカウンターまで付いてきてくれました。ありがとう(T-T) レモネード割で飲んだのですがおいしかったであります。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-19 22:54 | 英国・アイルランド放浪
Celtic Ruins
e0002020_236967.jpg
グレンダロッホへ日帰りバスツアー。ケルト文化が色濃く残っている所、ということで楽しみです!こちらの運転手兼ガイドのジョンさんはとても良い方で、運転中も色んなお話をしてくださいました。この風景。野生の鹿も居てのどかそうに見えますが、侮れません。土壌がやわらかいので、天然の落とし穴が沢山あります。ガイドなして歩いてはいけません。実際三千年前にはまってしまった人が丁度保存状態が良かったためダブリンの博物館に展示されてるそうです・・。e0002020_2391665.jpg
そしてこの湖。色合いといい、湖畔の色といい、ギネスに似ていませんか!?この辺少し眠くてうろ覚えなのですが、この湖の傍にはおうちがあって、ポール・マッカートニーと何か由来があるそうです。あの名曲「イェスタディ」ともゆかりがあるそうなんですが。
ちゃんと聞いとけば良かった~!!







e0002020_243142.jpg

ココは映画のロケ地なんかによく使われているそうです。灰色のクーピーみたいな塔には昔モンク(僧侶と訳せばいいのか)が住んでいたとか。上の階へあがるには木のハシゴを使ったそうです。体力勝負。この時代、モンクになるには財産すべてを協会へ渡さねばならなかったそうな。
e0002020_245328.jpg
そしていかにもアイルランドな十字架。でもその割に装飾がない。ガイドさんの話によると、もう様がない理由に関しては諸説あるが、一番有力な説はこの石がとても硬い種類のものなので、単に彫ることが出来なかったのでは、という事。説得力あるなぁ。ちなみに結構大きいです、コレ。抱きついて祈ると願いがかなうとか。

その後湖畔を散歩したり、あとは近隣の小さな村で織物見学したり。今日も自然が多くて楽しかった!

ダブリンに戻り、ココちゃんの旅の目的の(笑)紅茶を購入。
で、ココちゃんの以前のホームステイ先のお家にお邪魔しました。
私なんて初対面で押しかけたにも関わらず夕飯をご馳走になったり、お話してくださったり。いいご家族だなぁ、と思いました。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-18 02:30 | 英国・アイルランド放浪
曖昧な記憶。
バスでダブリンへ戻って参りました!!
・・・しかし体調が悪かったので記憶が若干曖昧であります(汗)

とりあえず宿探し。宿泊先はすんなり決まったものの、中々たどり着けませんでした(^^;途中で住宅街の人に道を訪ねると、家の中に地図があるから見せてあげる、との事。
・・・なんて親切なんだ・・!!
とそんなこんなで宿泊先にたどり着いたものの、皆さんでかけてしまっていて誰もおりません(汗)・・腹痛限界ナリ・・(がたがた)
待つこと数分。オーナーさんが帰ってきました!!万歳。
親子に間違えられたのは若干ショック(笑)日本人って若く見えるものじゃない??
今回のお部屋はとっても広くて清潔。しかもヒーター付いてますよ!!という訳でお洗濯。

その後、City Centreへ繰り出し、Guinessのお店やハードロック・カフェでお土産購入。クローバー柄の栓抜きを買いました!!わーい。これで訪ねたハードロックカフェは2件目。

今日の夕飯はビビンパです。日本で食べるのとちょっと違う。イギリス向けにアレンジされてるのかな??そんなに辛くなかった。メニューにチャイニーズ緑茶があったので、注文してみた。だされたペットボトルには「蜂蜜」の文字が。飲んでみると・・・甘ーい!!!どうやら中国のペット緑茶は甘い様子、午後ティーくらいの甘さでした。

帰りにテスコでライビーナ購入。コレ大事。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-17 22:59 | 英国・アイルランド放浪
島と崖とチャリと。
快晴。
ゴールウェイからフェリーでイニシュモアへ出発!

たどり着いた島にはフェリー乗り場の周辺にはお土産やさんとかレストランが数件、
そのほかには何もありません。
貸し自転車を漕ぎ出して、目的地の断崖絶壁へGO!
e0002020_13455220.jpg

しかし本当に何もありません。『何にもない』って本当に素敵です。
島には風除けの石垣とヤギなんかの動物、それと廃墟がちらほら。
こんな景色の中を自転車で進むって中々無い経験ですね。
う~ん開放感。
しかし坂道を自転車で上りきれないあたり己の体力の無さを実感(^^;
地平線が見える勢いで見通しが良いのに目的地は見えません。
道のりは遠い。頑張るぞー!!
e0002020_1346522.jpg

片道1時間位かな??
自転車を降りて崖まで少し歩きます。
途中で楽器を演奏している老人がいて、
それが丁度良いカンジにあたりの景色とマッチしていて素敵でした。
たどり着いた崖は絶景!!
柵とか遮るものが何も無くて、自然を実感できます。
『何も無い』ってすごく良いことですね。
生活してて『何も無い』中にいる、って普段無いんじゃないかな。
貴重な経験。

おやつを食べて疲労回復、帰り道は道が若干平坦だったのでいくらか楽。
途中地図に「seal's colony」の文字が。
アザラシいるの!?って事で近くまで行ったのですがいませんでした。残念。e0002020_2241899.jpg

本当に柵とか何も無い。あと4歩歩いたら空中。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-16 13:49 | 英国・アイルランド放浪
Guiness a day.
ダブリンにてギネス工場見学。
エンターテインメント性が溢れてて楽しい場所でした。
最近日本のTVでも紹介されていたので知ってる人多いかも。
e0002020_3393282.jpg


2日目はこんなカンジ。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-15 13:12 | 英国・アイルランド放浪
1st 
アイルランド初上陸。
成田→ヒースロー→ダブリンと飛行機を乗り継いで上陸。
おしりが痛いよー(T-T)12時間座りっぱなしはキビシイです。

初日感想。
[PR]
by aki-kus | 2005-09-14 23:52 | 英国・アイルランド放浪
トップ

桜の花が好き。
by aki-kus
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
自己プロファイル。
音楽とお茶と酒を愛する。
自称ノスタルジック愛好家。
英国好き。

放浪カテゴリ(旅行記)が沢山更新できるといいなぁ。

コメント歓迎。喜びます。昔の記事でもお気軽に♪
リンク・TBはご自由にドウゾ。

が、管理人が不適切と判断したものは削除させて頂く場合がございます。

■LINKS■
みかづきの夜に逢えたなら
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
アースミュージックエコロ..
from アースミュージックエコロジー..
ジェルネイル
from ジェルネイル
ネイルアート デザイン
from ネイルアート デザイン
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人気blogランキングへ