カテゴリ
日々徒然
音楽

製菓
映画とか本とかゲーム
国内放浪
英国・アイルランド放浪
ペルー放浪
台湾旅行
モロッコの旅
韓国旅行
カナダ旅行
オーストラリアにて
自己紹介。
以前の記事
ライフログ
<   2007年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
ダウンしてます。
金曜から胃腸の調子が絶不調でダウンしてます。

More
[PR]
by aki-kus | 2007-07-31 16:01
飛行機遅延と寿司とハリポタ。
朝早くの便でマラケシュを発ちます。
朝6時、既にグラウンドにはサッカーやランニングをする人が。
日中は暑いので朝早く運動するそうです。

さてマラケシュ空港。今回はマラケシュ→ロンドン→東京乗り継ぎで帰ります。
が、ロンドン・ヒースロー空港で乗り継ぎ時間が一時間(ギリギリ!)
しかないので、マラケシュ空港でヒースロー見取り図を見ながら
脳内ヒースローダッシュシュミレーション。
が。
マラケシュ発の飛行機が約1時間遅延。
・・・・帰れないじゃん。でもANAに予約変更してくれたので問題ナシ。
代わりにヒースローで4時間位ブラブラする時間が出来ました。
そうそう、マラケシュ→ロンドン間は快晴でスペインがよく見えました♪
アルハンブラ宮殿は見つからず(←見えないって)

マズは6ポンド引きでHarry Potter and the Deathly Hallows購入。
4時間読んでても良かったのですが、折角なので免税品店エリアをウロウロ。
そして発見。Yo!SUSHI!!
ロンドンで展開してる回転寿司チェーン店。入るっきゃない(笑)
e0002020_16371766.jpg異様にカラフルなお皿に乗ってお寿司登場!ラズベリーっぽいソースのかかったドラ焼きやおもちも廻ってました。システムは日本とほぼ一緒。やっぱりお皿の色でお値段が分かれてます。メニューに焼き鳥とかありました!但しアガリは有料(笑)
e0002020_16373537.jpg

サーモンおいしかったです♪巻物多め。写真と解説の載っているメニューがあったのですが、玉子なんかに巻いてあるのりは英語でノリバンド(笑)
e0002020_16375782.jpgこちら「ドラゴンロール」。七味かかってます。他にも七味がガンガンにふってある「味噌カツロール」もありました。お寿司はお持ち帰りできます。『禅沸』と書いた袋に入れてくれます。

e0002020_16381376.jpg

アボカドとサーモンの手巻きです!おおきい。おいしい。マヨネーズかかってます。
カウンターに座り一人携帯で写真を撮りまくるアヤシイ観光客が一人^^;


お腹一杯の状態で飛行機搭乗。ハリポタ最終巻読んでたら
「それ面白いよね!」なんて多分イギリス人の方に声を掛けられる。
ハリポタは国境を越えますね♪
最終巻を読み終わって、あー終わったな・・・と感慨深いものを感じました。

そうして帰国。モロッコはまだまだ行きたい所があるので、
また行きたいです!!楽しかったです♪
[PR]
by aki-kus | 2007-07-23 16:29 | モロッコの旅
マラケシュ一人歩き。
今日は一人でのんびりマラケシュの街をお散歩。
結果的に「のんびり」は出来なかったんですが(笑)
e0002020_169141.jpg

新市街のホテルを出て、真っ直ぐ一本道をこのマラケシュのシンボル、
クトゥビアを目指して歩くと旧市街散策の起点・フナ広場にたどり着きます。
とっても奇麗なこの塔。昔はモスクも一緒にあったそうなのですが
今は残っていません。きっとモスクも奇麗だったんだろうなぁ・・・。

まずフナ広場で栄養補給。
沢山並んだオレンジジュースの屋台で一息。
お願いするとその場でオレンジを搾ってくれるのですが甘くておいしいですv
昨日のガイドさんとばったり出会ってご挨拶。

甘いものですっきりした後は今日もスークへ。
・・・・なんだろう。いろんな人から声掛けられまくりです^^;
客引きはもちろん通りすがりの自転車の青年にまで。
モロッコの人はとっても親切で良い方ばかりだったのですが、
ナンパが多いのも事実^^;日本人、モテます(苦笑)

e0002020_16151572.jpg

タジンの為なら異国で一人でレストランも入っちゃいます(笑)
牛肉とタマネギとプルーンのタジン。
タマネギとプルーンの甘みとスパイスがマッチしておいしかったです。

この後はまたスークをウロウロ。
本当は夜のフナ広場も満喫したかったのですが夕方には撤収。
一度やってみたかったホテルでのんびりゴロゴロ達成(笑)
モロッコは暑いので、星つきのホテルなら大体プールがあります。
みんな昼はプールでのんびり、夕方でかけます。
私・・順番誤ったなぁ^^;
[PR]
by aki-kus | 2007-07-22 16:07 | モロッコの旅
マラケシュ街歩き・その2。
マラケシュのスークへ突入。
e0002020_15331838.jpg

その前に食品を売ってるエリアを通り過ぎました。
写真の果物屋さんのほかに魚屋、肉屋などが並んでいました。
ビックリしたのはお肉屋さん。
何とニワトリは生きたままケージに入ってます。
でもってお客さんが来るとその場でしめて(驚き)販売、
お客さんは自宅に帰って羽をむしってさばきます。わぁ。
e0002020_15365923.jpgマラケシュの迷宮・スークに突入です。
スークとは。細い道の両側に所狭しとお店がひしめき合っていて、アーケードのようなカンジでしょうか。このマラケシュのスークは世界最大で、地元の人、観光客、馬車等とにかくスゴイ熱気というかなんというか。今回はガイドさんが一緒なのでスイスイ進めました(笑)
大まかに取り扱っている品物で、同じカテゴリのお店が集まっています。
カメラを構えることも忘れキョロキョロ。
タジンのお皿、皮のバッグ、アクセサリー、魔法のランプのようなミントティ用のポット、チェス盤、手作りラクダぬいぐるみ、コスメ、じゅうたんにスカーフ。見ていて飽きません。


e0002020_15444747.jpg

私が買ったのは靴です。
ガイドさんのお友達のお店へ行ったのですが足元から天井まで靴、靴、靴!!!
緑色の靴は室内用「バブーシュ」。とってもやわらかくて履き心地が良いです。
サンダルもとっても歩きやすいです。全部手作り。
赤い靴のビーズやスパンコールももちろん全て手縫い。
「ジーンズに似合うよ!お勧め!!」なんて言われ、
日本では選ばないようなデザインでも購入。
買倒れの街・マラケシュ、恐るべし。
ちなみにスークでは値札がありません。全て交渉です。
商人さんは大体高めに最初お値段を言ってくるので、
自分は希望価格より低い値段から希望を言っていきます。
お互いの納得いく値段になったら握手して商談成立(笑)
まとめ買いするとドンドン安くしてくれます。
ちなみに安くしてもらいたいがために、お店を立ち去る「フリ」をするのは失礼。
お店を去るときは本当に買わない時、だそうです。
このお店ではガイドさんの知り合いと言うことで相当安くしてもらって満足。



e0002020_15522854.jpg

スークの雑踏を抜けウサギのタジンでお腹一杯になったあとは
(激ウマでしたウサギのタジンvvv)
一変して静かなマジョレル庭園へ。
イヴ・サンローランが経営しているとっても静かな庭園です。
入ってビックリ、ベンチが置いてあるのですが欧米人の皆さんがぐったりお昼寝。
・・・暑いですものね(笑)
e0002020_1555417.jpgサボテンとか沢山ありました。
なんでもヨーロッパの方から見たモロッコのイメージで作られているそうなので、何だか不思議な感じです。青、青、青。
確かに今まで見たモロッコのモザイクは青が多かったような気もしマスが^^;


e0002020_1558373.jpgスーパー大好き!!新市街のスーパーへも行ってきました。ものすごく広かったです。
でもスーパーへ行くのは新市街に住んでいる人だけみたいです。
旧市街のフナ広場へ行けば新鮮な食材は手に入るそうです。
ただ旅行者にとってはアルガンオイルとか品質が確かでリーズナブルに買えるのでお勧め。


e0002020_1601634.jpg
モロッコ行ったらゼッタイ飲む!!と決めていたアボカドミルク。アーモンド入りでした。
コレ。すんごいおいしいです!!おっきなパックで買えばよかった!!(笑)
フナ広場へ行けば生のも売ってるそうですよ~♪
[PR]
by aki-kus | 2007-07-21 15:31 | モロッコの旅
マラケシュ街歩き・その1
今日はマラケシュの街を散策します!
一人で歩くのも楽しいマラケシュですが、さすがに二日しか居ないので
初日はガイドさんをお願いしました。
モロッコにはどの街でも大抵ガイドさんが居ます。

朝ホテルまで迎えに来てくださったガイドさんの第一声が
『おはようございます』。
流暢な日本語を話される方でした。わぁ♪
私はギリーズ(新市街)に宿泊していたのですが
メディナ(旧市街)がやっぱり見所。と言うわけで出発!
なんとバイクの後ろに乗っけてもらっちゃいました!
バイク、実は乗るの初めてです・・・。
e0002020_16172794.jpg

バイクの後ろから撮影。アグノウ門。
メディナは城壁に囲まれていて、沢山の門があります。
見えづらいけど上に居る鳥はコウノトリです。
バイクで新市街→旧市街へ走るのは最高でしたv

e0002020_16192884.jpgこちらバイア宮殿の天井。
実はこの日、ガイドさんに沢山写真撮ってもらったので『私が写ってない写真』が少ないんですよ・・。4人のお妃様と20数人の側室、それと子供達が住んでいたとか。
ガイドブックには見られないと書いてありましたがお妃様たちの部屋も見られました。
壁の装飾とか全部違っていて細かくて、庭も緑溢れててとっても奇麗な宮殿でした。


e0002020_16233450.jpg色んなお店がある所を歩きました。ココはまだ噂の(?)スークではないのですが。
スパイスが三角形に積みあがって売っていました。
どうやって売るんだろう・・・??
朝10時、店先からはコーランのテープが流れています。


e0002020_1626847.jpgこちらマラケシュ博物館。元々は宮殿だったそうで、展示はもちろん中にはハマム(垢すりとかするお風呂のような場所です)もあって建物自体も見ていて楽しいです。展示は良く変わるので、旅行の度に訪れても楽しいとか(笑)今回はドレスのようなものが展示されていました。
外の喧騒から離れ、中にはソファもあるのでゆったり出来ます。


e0002020_16322712.jpg
ベン・ユーセフ・マドラサ。神学校です。
この中庭でみんな勉強したそうですよ。暑くなかったのかな(笑)
周りの壁にはコーランが書かれています。
学生さんたちはみんな優秀で、コーランも暗記していたとか。スゴイ。

e0002020_16345973.jpg

二階は学生さんたちの寮だったそうです。
数え切れないほど沢山の部屋があって、一部屋一部屋が狭いです!
ココにベッドと机置いて・・なんて想像したらそれだけでいっぱいになりそうです。
一部屋だけ当時の再現なのか色々おいてありました。

この後は迷宮(笑)メディナのスークに挑みます。
[PR]
by aki-kus | 2007-07-21 12:12 | モロッコの旅
真実と幻想と。
アイト・ベン・ハッドゥを後にして、後はマラケシュへ戻ります。
が、その前にもう一つカスバ見学。
e0002020_10401910.jpg

19世紀・20世紀ともっと以前(何世紀かは忘れてしまいました^^;)
のカスバ。
先ほどとは一変、観光客が私たちしかいません。
門番さんに鍵を開けてもらって中に入るとこんな広場が広がります。昔ここでダンスが披露され、左側の上にあるテラスから城主と奥様がそれをみて楽しんでいたそうです。


e0002020_10474732.jpg

中へ進んで、20世紀のカスバへ。
先ほどの概観とはまた雰囲気ががらりと変わってタイルの模様が鮮やか。
天井も奇麗でした。

e0002020_10544672.jpg

カスバの中から覗いたカスバ。
本当に色んな雰囲気のカスバがありますね。
e0002020_10562443.jpg

廊下から見上げた空。
奇麗でした。


e0002020_10571778.jpg
こちらのカスバの門の鍵。
大きいです・・・。
[PR]
by aki-kus | 2007-07-20 17:38 | モロッコの旅
風の行方。
爽やかな朝のオアシス。
e0002020_18224626.jpgロバです。
モロッコではロバが至る所でお仕事してます。
狭いスークの中だって馬車が通ります。
今朝はロバの背中にポクポク揺られてお散歩です。
楽しい・・・・v


ロバにお別れをして、今日前半戦は世界遺産・アイト・ベン・ハッドゥへ!
e0002020_18293089.jpg

アラビアのロレンスや最近ではハムナプトラ2など。
色んな撮影に使われている事でも有名です。
一番手前の門は映画の撮影で作られたそうですが、
その奥は全て世界遺産!
しかも今でも住人の方がいらっしゃるそうですよ。
お手紙書くときに宛名が便利ですね(?)

e0002020_18314836.jpg憧れのアイト・ベン・ハッドゥへ来たのは良いものの、ココが今回の旅行で一番の難所デシタ。今日は天気が良くて暑い。しかも半端なく乾燥しています。
購入したショールで顔を覆って進みます。


e0002020_18342436.jpg
さらに基本が登りなのです。体力使って口で息をするので余計喉が渇いてしまうも、ペットボトルのお水は既にお湯。コレはいつものことなのですが、いつも以上にお水があったかい・・・・。


e0002020_18361638.jpg

でも頂上(というのかは微妙ですが)へ上ると遠くまで良く見えて
爽快でした~!!
下を見ればアイト・ベン・ハッドゥの町並みが。

e0002020_183831.jpg



e0002020_18412579.jpg今日のお昼はベルベル風オムレツです!
いつも昼からガッつり食べていたので(ツアー中はメニューが決まってました)今日は軽い!完食楽勝!と思ってたらこの後当然の如くタジンが出てきてまた苦しくなるのでした。
おいしいからつい食べちゃうんですよねorz
[PR]
by aki-kus | 2007-07-20 12:20 | モロッコの旅
Oasis.
e0002020_17371071.jpg観光と昼食を兼ねてトドラ渓谷へやってきました。
こちらレストランです。
断崖絶壁の真下に建っていて、崖崩れとか心配になります(笑)
今朝まで居た砂漠とは打って変わって緑豊か。ココに来る途中、車窓の風景が砂漠から緑げ移り変わっていく様が何だか楽しかったです。
酔い止め飲んでて若干眠く、眠気に逆らうのが大変でしたが^^;
写真で見ると何だか模型みたいです。


e0002020_17405932.jpg清流が流れていて、ここは地元の方と観光客で賑わっていました。
とっても涼しくて水が冷たくてぼーっとするのに最適です。


e0002020_17422648.jpg見上げるとこんな感じです。
両側の崖が視界に入ります。
とにかく断崖絶壁としか言いようが無いです。


お腹と心が(?)潤ったところで今日の宿泊地・スコラへ。
ケラァ・デ・ムグナという町に立ち寄りました。
バラの有名な産地で、有名コスメ用のバラも生産しているそうです。
5月にはバラ祭りが開催され、一面バラで一杯になるとか。
ゼヒ見て見たいところですがあいにく季節はずれ。
三ヶ月しか稼動しないと言うバラ工場も今はお休み。
でもお土産にローズウォーターをお買い上げ。
モノスゴイ薔薇ーー!!って香りが漂います。
お店のおじさんが霧吹きでシュッシュしてくれる傍からバラの香りが一面に。
しかしココで補給せねば!!と思い顔に馴染ませてみました。
潤ったかな・・??
他にもアルガンオイルとアルガンクリームお買い上げ。
アルガンオイルはモロッコ南部でしか採れない貴重なオイルで、
美容にもお料理にも最適!!なんです。
ちなみに現地ツアー会社の方の話によるとお買い上げの際はスークより
スーパーで買ったほうが確実です。

そうしてオアシスの町へ到着!!
[PR]
by aki-kus | 2007-07-19 18:11 | モロッコの旅
晴れ過ぎた空の下で。
おはようございます!!!
e0002020_13492661.jpg

サハラを眺めつつ朝ごはんです。
外での朝御飯は食が進みます。むぐむぐ・・・。
ちなみにこの後アラビアパンと蜂蜜やジャムが5種類程運ばれてきて
朝から苦しくなります。きゅう。

今日はリッサニ、エルフード、ティンジダッド経由し
最終目的地はオアシスの町・スコーラです。

午前中は化石工場と井戸見学。
モロッコに来てからアンモナイトをゴロゴロ見ている気がしマス。

e0002020_13521376.jpgこちら枯れ井戸です。
この井戸は枯れてしまっているのですが、この辺りは水供給の為の
灌漑用水路(とでもいうのでしょうか?)やこういった井戸が沢山。


e0002020_13534849.jpg

もう水が出ないとは言え、こういう状況の中で水を供給していたこの井戸に乾杯。

e0002020_1355552.jpgこっちは生きている井戸です。動物達の水分補給用だとか。くみ上げた水はひんやり冷たくて気持ちが良いです。ちなみにこの井戸の水、夏は冷たく冬は暖かいのだとか。
不思議です・・・。


e0002020_13565114.jpg

ところで『砂漠』と言うと砂丘があって歩くと砂が舞って・・・
というイメージではないでしょうか??
私は砂漠に対してそういう想像をしていたのですが、
サハラの語源は『サーラ』、意味は不毛の地。
なのでこういう砂の無いところやもっと黒い岩がごろごろしているような場所も
『不毛の地』、砂漠なのだそうです。
だから此処も砂漠。


e0002020_13594229.jpgこの後はらくだに注意しつつトドラ渓谷を目指します。
[PR]
by aki-kus | 2007-07-19 11:47 | モロッコの旅
メルズーガへ。
今日サハラの大砂丘が広がるメルズーガを目指します。
まずはホテル近くのティフルトゥトのカスバを見学。
e0002020_13194117.jpg

この写真では何だか微妙ですが^^;
実際はカスバの赤茶けた色と奥に広がる緑とのコントラストがキレイです。
ちなみに宿泊できるらしいです。

e0002020_13213243.jpgそして今日は未舗装道路をガンガン進みます。
4WDの底力を見せてみろー!!
こんな荒涼とした風景の中を進んでいきます。道なき道。カーナビとか無いのに迷わず進めるガイドさん、頼もしいです。何となくタジン皿みたいな形の山も(笑)

e0002020_1324144.jpg途中畑もありました。コレはヘンナの葉です。この葉を収穫して日陰干し、すりつぶすと昨日手に描いてもらったような塗料が出来ます。
ちなみに体にヘンナで模様を描いてもらった場合大体三日位で自然に消えます。


e0002020_13263481.jpg途中の町で水分補給しつつ、寄り道します。
ちなみにお水は1.5ℓボトル購入が基本。でもってすぐお湯になります(笑)

e0002020_13275379.jpg町のカスバをちょこっと見学。
現在も暮らしている方が居るので、お邪魔にならないよう通路部分だけ見学。

e0002020_13285386.jpg中は何だか薄暗くて、何処からとも無く人の話し声が聞えます。





この後は一路メルズーガを目指します!!この砂丘地帯、途中までは
砂漠のど真ん中に一本舗装道路が真っ直ぐ通っています。
その道を真っ直ぐ真っ直ぐ進んでいくのですが・・・。

ものすごい砂嵐です
車のライトを点けても本当に一寸先も見えないくらい。
砂が流れて風の軌道が目に見えて・・・映画のワンシーンみたいです。
e0002020_1333351.jpg

この後私は砂漠にあるホテルに宿泊。
他の参加者お二人は砂漠の真ん中でキャンプするので一旦お別れ。
一人旅で不安があったので私はホテル泊にしたのですが・・・
折角だから私も砂漠で寝ればよかった!と少し後悔。
でもこちらのホテル、砂漠の真ん中とは思えないくらい設備が整っていて
食事やサービスが素敵でしたw
御飯はサラダにタジン、クスクスとデザート。・・・苦しい・・・。おいしい。
ちなみにお部屋はクーラー完備。本当にスゴイ。
こんな所で一日砂漠散歩やプールサイドでのんびり、もいいかも。
ちなみに洗濯をすると速攻で乾くのが楽しかったです(笑)
さすが砂漠・・・・。
e0002020_13375450.jpgサハラを眺めながら頂くミントティー。
疲れが取れます。
あいにくの曇り空で、満点の星空では無かったのが残念。
それでも東京より星は断然多いのだけれど。
[PR]
by aki-kus | 2007-07-18 13:17 | モロッコの旅
トップ

桜の花が好き。
by aki-kus
自己プロファイル。
音楽とお茶と酒を愛する。
自称ノスタルジック愛好家。
英国好き。

放浪カテゴリ(旅行記)が沢山更新できるといいなぁ。

コメント歓迎。喜びます。昔の記事でもお気軽に♪
リンク・TBはご自由にドウゾ。

が、管理人が不適切と判断したものは削除させて頂く場合がございます。

■LINKS■
みかづきの夜に逢えたなら
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
アースミュージックエコロ..
from アースミュージックエコロジー..
ジェルネイル
from ジェルネイル
ネイルアート デザイン
from ネイルアート デザイン
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
人気blogランキングへ